普通社債(事業債)とは

| 未分類 |

ビリヤード02

普通社債(事業債)とは、民間企業が発行する債券を指します。設備投資を行うときや、あるいは運転式を確保するときなどの資金調達に用いられます。支払う利子の金額を定めた上で発行します。信用力の高い企業であれば、利率を低くすることができます。信用力が高ければリスクは小さいと判断されますから、リスクを回避したい投資家の需要が大きくなり、それによって利率は低くなります。ですから、利率の低さが信用力の評価ともなります。

 

 
債券を発行するときには担保を設定するときとしないときとがあります。担保を設定した方が信用力は高くなりますから、利率は低くなる傾向があります。信用力の高い企業なら、担保を設定せずに低い利率で発行することができます。

 
「普通」という言葉が付いている理由は、普通ではないものがいくつかあるからです。例えば劣後債があります。利率が高い代わりに、弁済の順位が低いものが劣後債です。そのほかにも、株式に転換をする事のできる転換社債などもあります。一般的な社債はこのように細かい設定はありませんから、「普通」という言葉が最初につけられているのです。ですから、単に「社債」と言った場合でも同じ意味で用いられる事が多いです。