債券の種類と各債権の特徴について

| 未分類 |

利付国債とは、定期的に利子を受け取ることのできる国債です。通常は年に2回の利子の受け取りがあります。国債ですから信用力は非常に高いと言えるでしょう。

 

 

国債の一つとして個人向け国債があります。これは個人でも購入できるように設計された債券で、固定金利型と変動金利型とがあります。変動10年、固定5年、固定3年の3種類があります。償還を待たなくても、途中で換金をすることができます。1年が過ぎればいつでも換金することができますから、投資しやすいです。

 

 

国債は政府が発行しているわけですから、信用リスクはきわめて低いと考えられます。これと同じくらいの信用リスクのあるものとして政府保証債があります。政府が保証していますから、国債と同じだけしかリスクはなく、非常に安全だと考えられるでしょう。

 

 

国債も政府保証債も、基本的には公的な機関が発行するものです。公的な機関ではなくて民間の企業が発行するものとして普通社債があります。普通社債は、発行体によって信用リスクが異なります。それぞれの債券の信用リスクを知るには専門的な知識が必要となりますが、発行するときには格付け会社が格付け情報を公開しています。ですから、これらを確認する事によって信用リスクを把握できるでしょう。