目論見書って何?

| 未分類 |

自転車BMX

債券を購入するというのは投資行動の一種です。一般的には会社が発行する債券を購入して配当を得るのが目的となります。この債券の利率というのは通常の預金に比べるとかなり恵まれた利息が付くことで知られています。しかしながら銀行の預金と異なり、この債券には保証が付かないのです。そのため自己責任で投資する必要があります。

 
その様な債券を購入する場合に、投資先となる企業が投資にふさわしいものであるのかどうかを見極める為に読んでおかなければならないのが目論見書と呼ばれる資料です。この資料には債券を発行する目的から運用方法、償還までの期間や利息の支払いなど様々な情報が記されています。一般的に債券購入する場合には、これらを呼んで理解して投資しているとみなされます。高い金利が付く債権というのはそれだけリスクが存在するということを意味します。日本国債も債券の一種ですが、非常に金利が安いことで知られています。これは日本という国の信用が高く、安い利息でも資金調達が容易であるということを意味するものです。

 

逆に言えば誰も心配をしていないから利息が安いのです。債券を発行するには相応の理由がありますので、投資家はその理由を資料の中に見出して判断するのです。